看板の配色表現

■ 看板の配色による表現方法 ■
  スッキリ感と清潔感を感じさせる色

  優しいくて落ち着ついたように感じさせる色

  高級感があり重圧感を感じさせる色

  彩度と明度   色の進出・後退、収縮・膨張
← 彩度 →





進出 後退 収縮 膨張
.
.
.
.
赤、黄のような波長の長い色は進出して見え、青や紫のような短波長の色は後退して見えます。また、明るい色は飛び出し、暗い色は引っ込みます。
寒色を暗くすると小さく見え、暖色を明るくすると大きく見えます。
白い円と黒い円は、同じ大きさなのに、白い円のほうが大きく見えます。色の波長によるほか、面積の錯覚を考えることができます。

  色調で分ける季節感

11
1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1
. .
1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1


  トーンによる色の感情

明快 11 興奮
1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1
. .
陰うつ 沈静
1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1


  看板の配色例

類似・同系色の使用例 11 コントラストの使用例
× 看板の色使い 看板の色使い
看板の色使い 看板の色使い 看板の色使い 看板の色使い
看板の製作においてコントラスト(明暗)は重要で、沢山の異なるコントラストの使用方法があります。例えば、黒の背景色に白文字は非常に読みやすいですが、重圧感があります。
看板の色使い 看板の色使い
隣接する色同士は、識別がしにくく看板で使用する場合は注意が必要です。

色調のシュミレーションはこちらからできます。